spring2018 2019年3月の調査
spring2018

コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました

機械学習・データ科学 スプリングキャンプ2020のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。 今年も、あの熱狂がなにわの地にやってきます。

大阪大学数理・データ科学教育研究センター(MMDS)および(社)数理人材育成協会(HRAM)では、研究者だけでなく、 学生、若手の方が学べるようなイベントを企画してみました。データ関連の人材は不足しています。今回のような機会を通して、 少しでもデータ科学を適用する裾野が広がっていければと考えています。

機械学習・統計学スプリングキャンプは、各日75-90分の講義4-5コマで構成されています。マスターして、開幕(新しい学年)を迎えていただければ と願っています。両日とも、学生(大学院、学部)とHRAM賛助会員の方が参加 できます(参加は無料)。今回から、参加される動機を100文字程度で書いていただき、2月末の段階で、定員を超えた場合、その中から実行委員会で参加者を 選考することになりました。書籍プレゼントは、最終的な参加者の中で、申込み番号の早い方100名になります。

初日は、3月に共立出版から機械学習の数理100問シリーズ「統計的機械学習の数理100問with R」という書籍を出版される 大阪大学鈴木讓先生に、お話いただきます。また、この講座の予習のためにビデオを公開されます(参加されない方も、 このビデオはご覧になれます)。 なお、「統計的機械学習の数理100問 with R」は、学生100名(参加者の先着順)にプレゼントします。

2日目は、2019年3月に行われたある学会のセミナー合宿で好評だった、山本倫生先生(岡山大学)、 寺田吉壱先生(大阪大学)、谷岡健資先生(和歌山県立医科大学)によるクラスタリングの講義を、1日に短縮して、 関西でおひろめすることになりました。この3先生は、年齢的に若いですが、新進気鋭の、データ科学・機械学習の業界でも有名な 方々です。

それでは皆様、今年も盛り上げていきましょう。

新着情報

  • 参加申込みを開始しました (2月5日)
  • サイトが公開されました (2月5日)